効果的に「集客」する方法は?ユーザーの思考を知る事から考える

集客

最近、立て続けに食事などの機会で、「集客」という事について話し合う機会がありました。
話し合う、というより私が一方的に話しているといった方が良いかもしれませんが。

このブログでも「集客」に関して何度か書かせて頂いてますが、おそらくその都度内容が若干変わっていると思います。
なぜかといいますと、「集客」の形自体変化しているからです。
「集客」の形、というより、ユーザーのモノやサービスの選び方が変わっていると言った方が良いかもしれません。

これはあくまでも「集客」の話ですので、そこからそのサービスやモノが売れるかどうかは知りません。

人がいくら集まっても良いコンテンツがそこにないともちろん人はお金を払わないので、それぞれの努力やアイデアがものを言うと思ってます。

どちらにせよ、人を集めるというのは大変な事ですよね。

お金をたくさん払ってメディアなどで広告を打てばたくさん集客できると思いますが、普通の中小企業や個人事業だと予算が限られていますし、費用対効果を考えると難しいでしょうね。

スマホの存在の大きさを知る

ユーザーがネットなどでサービスを欲している場合、その「モノやサービスを検索して探す」といった行動を起こします。例えば、「美容室」とか「中古車販売」といった感じです。
そしてそのキーワードで検索エンジンの上位に表示させる「SEO」というのが集客で最も必要と言われてました。

しかし、この集客方法はスマホの出現と大きな普及によりなくなりつつあります。
まあ、なくなる事はないと思いますが、ユーザーの行動で一番変わったのが検索方法です。

現在、小学生から高齢者の方までスマホを利用する時代になり、この検索方法が多様化されてきました。
まさに想像もつかないような多くのキーワードで検索されているのです。

ここが集客に成功する大きなポイントです。

ユーザーが何を欲しているのか調べる

何かモノやサービスを提供する際、自分達で勝手にユーザーの思考を決めつけて広告していませんか?

「○○を大特価!」など。

そして、SEOする際も、なんとなくこんなキーワードで検索されるんだとなという事を予想してお金をかける。

ユーザーの思考を置き去りにしてしまっては集客は絶対できません。
少し前に述べたように、スマホユーザーが増え、検索方法が多様化されてきたという事は、まずそれを知る事が一番大切です。

例えば「美容室」を経営されている方なら、今までは「青山 美容室」とか、「渋谷 美容室」といったキーワードしか思いつかなかったと思います。
しかし、ユーザーはもっと多くのキーワードで検索しているのです。

「美容室」だけで調べてみましたが、かなりの数が出てきました。
その一部が以下になります。
本当にほんの一部です。

※この調べ方は様々な方法がありますが、知りたい方はご連絡下さい。

美容室 シャンプー台
美容室 シャンプーのみ
美容室 シャンプーなし
美容室 シャンプー 値段
美容室 シャンプー 通販
美容室 シャンプー 苦手
美容室 シャンプー ミルボン
美容室 シャンプー 安い
美容室 シャンプー やり方
美容室 頻度 ショート
美容室 頻度 カラー
美容室 頻度 ロング
美容室 頻度 ボブ
美容室 頻度 伸ばしかけ
美容室 頻度 20代
美容室 頻度 平均
美容室 頻度 パーマ
美容室 頻度 カット

いかがでしょうか?
数千キーワードは出てくると思います。

ようはユーザーが知りたい情報を無視して自分のコンテンツを売ろうとしてないですか?という事です。

「サービス精神を惜しまない」がファンをの心をつかむ

ユーザーは人それぞれ様々な情報を欲しがっています。
それはその季節や時間、環境によっても変わってきます。

それに応える事ができれば、自然と集客ができるという事です。

ユーザーが悩んでいる事、考えている事にしっかり向き合い、それに応える事ができれば自然と人は集まり、ファンが増えます。

それを色々なキーワードで少しずつ地道にページを作っていく事が大事ですね。
いいコンテンツを作ればGoogleなどの検索エンジンは上位に表示してくれます。

Yahoo知恵袋を参考に

「一体どういった悩みがあるのかわからない」

となった場合は、Yahoo知恵袋で検索すると、色々な方の悩みが出てくるので参考になります。
例えば、「美容室 シャンプー 苦手」というキーワードをYahoo知恵袋で検索してみて下さい。

ヒントになる事がたくさん出てきます。
こうやって1つずつ順を追って作っていきます。

もちろん簡単な事ではないですが、自分の仕事の合間や、忙しくない時、移動時間を利用して少しずつ作っていけば、必ず集客に繋がると思います。

まとめ

色々と書かせて頂きましたが、簡単につくれる無料ブログなどを用いて今すぐにでも始められる事ですので、是非試して頂きたいですね。

「こっちへおいで」の広告ではなく、ユーザーの立場に立ちそれに応えるサービス精神が大事ですね。

ネットだけの集客に限らず、地域密着でご商売されている方なら、その商品を売るだけでなく、惜しまず何かを教えてあげる事がファンを増やす事に繋がりそうな気がします。

例えば中華料理屋なら、月に一度「美味しい中華料理の作り方教室」みたいなものを無料で開催すれば喜ぶ人多いと思いますね。

とにかく「集客」は、知りたい人に教えてあげて、悩んでいる人に解決方法を教え、長期に渡ってファンを増やしていく事だと思います。そういう時代になってきたという事ですね。

実際、これで成功されている方はたくさんいますし、将来的に「広告」というものにとらわれずに続けていく事が可能になります。

もし「集客」にお悩みなら一歩踏み出して下さい!

Follow me!