4月 07, 2014 - 0 Comments - 猫と下僕の名もない日記 -

vol 1. 初めまして。

まずはこちらをご覧いただきたい。

01

「下僕」という言葉を検索するうえで「ね」とキーワードを追加すると、

このような結果になる。

いつから人間は猫の「下僕」となったのだろうか。

「ね」と打ち間違えたレベルでこのような検索結果がでてくる。

しかも猫を好んで飼う人びとは自ら進んで「下僕」に成り下がり、

もしくはいつのまにか支配されてしまうものである。

私は後者、いや、前者、後者、、

 

猫を飼ったがために、ブログまで浸食され、

数多のブロガーさんたちが魅力的な猫を紹介しつくし、

もしくは紹介せずにはおれない状況になっている。

 

そんな飽和状態の猫ブログに一石を投

まさか書くことになるとはとても屈辱的な心持

下僕の分際で幸せの極み恐縮至極です。

 

このブログでは私の家の王様と下僕たちの

噴飯物の毎日を綴るものです。

 

つづく。