4月 14, 2014 - 0 Comments - 猫と下僕の絵日記 -

vol.3 ご紹介1

01 

 

「春児」と書いて「ちゅんる」といいます。

「ちゅんる」と呼びづらいので、下僕の分際で

まことに勝手ながら「ちゅん」と呼んでます。

 

性格はなんというか不器用で、強がりです。

そんな彼を見ていると昔の自分を見ているようで

大変不憫です。

 

「ちゅんる」と名付けられたため、

当然病院でも名前を呼ばれます。

02

 

なぜそのような名前にしたかは、

いろいろ都合が良かっ

可愛い名前だったので某小説の主人公から拝借したわけですが

名前はしだいに変形してゆき、漢字で読むと

03

となってしまいました。

「春児」という名は今では見る影もなく、威厳と貫禄を帯びた私の主です。

その訳は次の次くらいで。

 

つづく。