検索エンジンから集客が出来るサイトとは?

Pocket

本日は昭島市内の会社様2社に訪問させていただきました。
1社はホームページの新規制作をご検討されているお客様で、もう1社は現状のWeb集客の見直しについてのご提案でした。

どちらの会社様もご要望として共通しているのは「ホームページでの集客」です。
弊社も「集客に特化したホームページ制作会社」を名乗っておりますので、なんとかお力になりたいと思うところです。

さて、本日はホームページを使った集客について書きたいと思います。
ホームページからの集客方法の一つとして「検索エンジンからの集客」があります。
ホームページは作っただけでは見てもらえませんので、それでは「問い合わせ」や「商品の購入」には繋がりません。

そこで、Yahoo!やGoogleの検索結果に上位表示させる「SEO対策」や、同じくYahoo!やGoogleの検索結果画面の上側と右側に表示される「リスティング広告」などを駆使し、ホームページへの訪問者を増やし、たくさんの方に見てもらうということになります。
では、どのような言葉で検索してもらった時に上位表示されると良いのか?
検索される言葉を「検索キーワード」などと言ったりします。

このキーワード選びはかなり重要です。

例えば弁護士さんのホームページではどのようなキーワードがよいか?ですが、
「弁護士」というキーワードで上位表示できれば凄いです、ホームページもめちゃくちゃ多くの人が見に来てくれるでしょう。
しかし、見に来てくれた人の内何人が実際に法律相談や依頼に来てくれるでしょうか?
もしかしたら「弁護士」と検索した人の中には、「弁護士の年収」を知りたい人や「弁護士になるための勉強方法」を知りたい人がいるのかもしれません。

せっかく多くの人にホームページを見てもらえたのに、集客には繋がらないという結果になります。

では集客に繋がるキーワードはなにか?となりますが、弁護士さんの場合は

「地名+弁護士」

というキーワードや、具体的な依頼内容を入れた

「交通事故+弁護士」

というキーワードが好ましいです。
では、良いキーワードが見つかった!集客はばっちり!明日から電話が鳴りやまないのでは?どどどどうしよう!などともちろん甘くはありません。

そのキーワードで検索結果の上位に表示させたり、リスティング広告を出すのはもちろんですが、もっと大切なことがあります。
それは、

ホームページの内容

です。
では、「検索エンジンからの集客」に絡んでくる人達の立場にたって考えてみましょう。

登場人物1 ホームページを出している会社
登場人物2 検索している人
登場人物3 検索エンジン(Yahoo!、Googleなど)

上記の登場人物それぞれの目的ですが、

会社・・・ホームページから集客して売り上げをあげたい
検索している人・・・自分の知りたい情報を得たい
検索エンジン・・・検索している人が探しているものにピッタリなホームページを教えてあげたい

となります。
つまり、ホームページを公開する会社は、
検索している人に有益な情報を提供するホームページを作り、検索エンジンからも「これはきっと役立つホームページだ!」と評価してもらう必要があるのです。

ただホームページを作り、SEO対策をして上位表示させても、集客(売上)に繋がるわけではありません。
まずは、「検索する人」にとって有益な情報を提供できるホームページを制作することがとても重要です。
そのようなホームページであれば、きっと検索エンジンからも良い評価を受け、上位表示されやすくなるでしょう。

だって、「探してるのはそういうホームページじゃないんだけどな~」というホームページばかり上位表示させるような検索エンジンは使いたくないですからね。
検索エンジンも、ユーザーが探している情報にピッタリなホームページを教えてあげらるよう、日々頑張っているのです。

じゃあどうやったら「役立つサイトが作れるんだよ」となりますが、今回は長くなりましたので、それはまた次回の更新で書かせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

PS
ホームページにとって「キーワード」とは、一生添い遂げる伴侶のような存在です。そうそう簡単には変えれません。
キーワード選びに悩んだら、是非金井までご相談下さい。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>