失敗しないホームページ制作会社の選び方

Pocket

なにかしらの商売をするにあたり、ホームページを持つことは今や必要不可欠です。

特に起業したばかりの時はお客様がいない、少ない状態ですのでなんとか集客をしないといけません。しかし、広告費は高く、営業マンを雇うには給与を払わなければなりません。

その点、ホームページであれば制作費用に20~30万円、ランニングコストに月々3,000円~程度で運用することが出来ます。

それだけのコストで毎月数件のお客様を勝手に連れてきてくれるので、しっかりと運用すれば頼りになる相棒になります。 

初めてホームページ制作を検討されている方からご相談を受けることが多いですが、

  • どういうホームページを作ればよいの?
  • 費用はどれくらいが適正なの?
  • 本当に集客できるの?

などなど、実に多くのご相談をお聞きします。
そこで本日は、初めてホームページ制作をされる方向けに失敗しないホームページ制作のチェックポイントをお伝えします。

1.ホームページ、自分で作るか?制作会社に依頼するか?

最近は昔に比べて簡単にホームページが作れます。実際にご自分でホームページを作られている方もいらっしゃいますが、作ったはいいものの実際に集客に成功している方はごくごく一部です。

プロの制作会社に依頼した場合、「デザイン」と「検索エンジン集客(SEO対策)」の面で大きなメリットがあります。

1-1.制作会社に依頼するメリットその① デザイン

業種、ターゲット層、サイトの目的に合わせて最適なデザインで作れる

デザインと聞くと、「確かにプロならキレイでスタイリッシュなデザインで作れるだろう」と思われるかもしれませんが、「キレイでスタイリッシュ」に作ることがWebデザインではありません。業種によっては「あえて」生々しく、煩雑なデザインにしたほうが集客に繋がる場合もあります。

例えば弊社でリニューアルをし、集客が3倍に増えたゴミ屋敷清掃業のお客様の例で言いますと、抽象的な画像を多く使いキレイで華やかなデザインであったホームページから、現場で働く作業員の画像やゴミがあふれかえった現場の画像などを多く使用したデザインにリニューアルをしました。

リニューアルしたことにより、「料金がリーズナブルに感じた」や、「作業内容がわかりやすい」といった理由でお客様から依頼が来たといいます。 

このように、多くの集客に成功している実績のある制作会社であれば、経験上どのようなデザインが集客に繋がるかのノウハウがあります。 

1-2.制作会社に依頼するメリットその② SEO対策

ホームページ制作会社はSEO対策を行っている会社が多いです。

SEO対策とは、狙ったキーワードで検索エンジン(Google、Yahoo)の検索結果上位に表示させることです。

下の画像は「ホームページ制作 東京」のキーワードで検索をした時の検索結果画面です。

検索結果画面

ホームページへの訪問者数の70%は検索エンジン経由で、残り30%がお気に入りなどからのリピーターや、他サイト経由の訪問です。

また、検索エンジン契約の訪問者は依頼に繋がりやすい優良見込み客です。
上記の例でいえば、「ホームページ制作 東京」と検索する方は、「東京にあるホームページ制作会社」を探している方ですので、検索結果の上位に表示されれば多くの優良見込み客を獲得することができます。

逆に、検索結果の1ページ目に入らなければ訪問は期待できません。ホームページ集客には検索エンジンからいかに訪問者を獲得するかが必要不可欠とお考え下さい。 

では、どうやれば検索エンジンの上位に表示されるのか?ホームページを作る段階で最低限やらなければいけないことがあります。

ホームページはブラウザで表示させるためにHTMLでコーディングする必要がありますが、検索エンジン(Google)が定めるコーディングのガイドラインや規約があり、これが守られていないコーディングで作られたホームページは検索エンジンから低い評価を受け、上位表示されません。

日々進化するWebの世界において、自分でホームページの保守管理を行うことは本業を疎かにしかねません。
ホームページを制作会社に依頼する時はデザインだけでなく、検索エンジンから高い評価を受けるコーディング技術を持った会社に依頼する必要があります。

1-3.まとめ

せっかく時間と労力をかけて作っても集客に繋がらず、結局はプロに頼む、ということになるのなら、最初からプロに依頼してしまったほうが良いでしょう。

制作会社に依頼する時には、制作会社のホームページから過去の制作実績をチェックしましょう。そして、電話やメールで過去の実績を聞いてみるのも良いでしょう。

個人事業でホームページ制作をやっている場合、デザインかコーディングのどちらかが不得意といったケースもあります。出来るだけ専任のデザイナーとコーダー(コーディングをする人)がいる会社が望ましいです。

2.ホームページを運用するための費用について

 ホームページ制作を制作会社に依頼すれば当然制作費用がかかります。また、作ったホームページはデータを保管しておくサーバーと、URLとなる独自ドメイン(http://●●●●●●.com/ )の取得費用、更新費用が必要となります。

独自ドメインはメール(例:info@●●●●●●.com)としても使用できますし、費用も年間1,000円程度なので絶対に取得したほうがよいでしょう。

それでは、上記で述べた

  • ホームページ制作費用
  • サーバー費用
  • ドメイン費用

についてそれぞれ説明したいと思います。

2-1.ドメイン費用

まず、順番が逆になりますが「ドメイン費用」から。

ドメインには、「.co.jp」や「.com」「.net」など、数多くの種類があります。「.co.jp」や「.ac.jp」属性型ドメインと言われ、日本国内に登記されている法人などでなければ取得できません。また、取得・更新費用が高くなります。

「.com」「.net」といったドメインは、誰でもどんなサイトでも使用できます。費用も安いです(年間1,000円以下)。
特にこだわりがなければ「.com」「.net」で問題はありません。

ドメインは自分で取得しても制作会社に依頼しても構いませんが、自分で取得した場合は更新を失念したなどがないよう十分に注意して下さい。
更新を忘れると、そのドメインの保有権がなくなり、ホームページが表示されなくなるなどの大問題となります。不安な方は制作会社にお願いしたほうがいいかもしれません。

ドメインは、ホームページを運用するうえで絶対に取得しないといけないものではありません。
無料サーバーなどを使えば、「http:// ▲▲▲▲.●●●●●●.com/」(▲の部分がサイトによって異なる。●の部分は無料サーバ提供会社共通のドメイン)といったURLを割り当てられ、ホームページを持つことが出来ます。

しかし、SEO的に不利になりますし、いずれ独自ドメインで運用することになった場合、ホームページのURLが変更することになってしまい、お気に入りに入れていた人が見れなくなるといったこともあります。

メールアドレスとしても使用できますし、ドメインは絶対に取得しましょう。

2-2.サーバー費用

つづいてサーバー費用についてです。ホームページを運用するうえで、サーバーは必ず必要になります。

無料のサーバーや格安サーバーといったものもありますが、独自ドメインが運用できなかったり、取得できるメールアドレスの数が決まっていたり、スピードが遅い、プログラムが動かないといったこともあるのでお勧めしません。 

レンタルサーバーを借りて運用するというのが一般的です。自分で借りてもいいですし、制作会社に依頼することも出来ます。 

レンタルサーバーの費用ですが、

  • 自分で借りた場合・・・・・・・・月額3,000円程度(+初期費用)
  • 制作会社などに依頼した場合・・・月額5,000円程度(+初期費用がかかる場合あり)

が相場です。

制作会社に依頼した場合、メールアカウントの追加や保守管理といったこともやってくれるので、その辺に詳しくない、時間がないので全部やってほしいといった方は制作会社に依頼してしまったほうがいいかもしれません。 

また、制作会社に依頼する時は月額費用もそうですが、

  • 取得できるメールアドレスに制限がないか
  • メール設定のサポートの有無

なども確認しておいたほうが良いでしょう。

2-3.ホームページ制作費用

最後に、ホームページ制作費用です。

見積もりをとってみても、制作会社によっては「制作費用一式」とだけ書いてありボったくられる、といったこともあるので要注意です。

初めてのホームページとなると相場観もわからないと思いますので、必ず相見積もりをとり、比較をしましょう。 

以下の画像は弊社で使用しているお見積りの一部です。
一般的な制作案件の見積もりを元に、各項目についてご説明したいと思います。

見積もり

2-3-1.企画・設計・基本デザイン

弊社の場合、ここには以下が含まれます。

  • 企画、設計、集客のための構造考案
  • ヒアリングなどの打ち合わせ
  • トップページデザイン

トップページデザインですが、下層ページ(トップ以外のページ)のデザインとことなり、もっとも重要です。そのため、しっかりとお客様の希望やホームページの目的、ターゲット層などをヒアリングしたうえでの制作となります。
その後、プレビュー版を確認していただき、修正・微調整を行っていきます。

また、集客のための構造ですが、ターゲット層がどのようなキーワードで検索をするか?その検索ニーズに対してどのようなコンテンツがあると良いか?などを考えながら、全体の構造を考えます。
ここがしっかり出来ていないと集客力がいまいちなサイトになってしまうためとても重要です。

また、検索キーワードとホームページの内容(デザイン)がマッチしていないと、訪問者にホームページは見てもらえません。

検索エンジンのユーザーは最初の10秒で、「このホームページは自分の探しているサイトかどうか」を判断し、気に入らなければ「戻る」ボタンで離脱してしまいます。皆さんも同じような経験があるのではないでしょうか?

検索エンジンユーザーの「真のニーズ」をしっかりととらえてトップページのデザインをしなければ、折角検索エンジンで上位表示したとしても集客には繋がりません。

2-3-2.下層ページデザイン

トップページ以外のページのデザイン費用です。ページ数が増えればその分費用がかかります。(単価×ページ数) 

2-3-3.htmlコーディング

デザインしたものを、ブラウザで表示されるようhtmlで記述し構築していく作業です。ページ数が増えればその分費用がかかります。(単価×ページ数)

2-3-4.cssコーディング

Cascading Style Sheetsを略したもので、ホームページのスタイルを指定し、装飾をする言語とお考えください。htmlと組み合わせて使用します。

2-3-5.Java script導入

画像をスライドさせるなど、動きのあるデザインを実現するために使用するプログラミング言語です。

2-3-6.メールフォーム設置

お問い合わせフォームなど設置する費用です。どのような項目を入力してしていただくかなど、自由に決めることができます。

2-3-7.Word Press導入

最近流行りのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)のWord Pressの導入費用です。通常ホームページの更新はhtmlの知識が必要であったり、Dream Weaverなどのホームページ作成ソフトが必要ですが、CMSで構築したサイトはブログを更新する感覚でサイトの更新が可能です。
サイト全体をWord Pressで構築したり、社長ブログやスタッフブログ、施工事例だけをWord Pressで作るといったことも可能です。 

2-3-8.施工事例テンプレート作成

工務店様や塗装会社様など、施工事例を追加していくと良い業種の場合、事例をテンプレート化することで、後々の更新を楽に行え、更新を外注した時も費用を抑えることが出来ます。そういったテンプレートを作成する費用となります。 

2-3-9.施工事例ページ作成

作成したテンプレートを使いページの追加をする費用です。1ページ増やすよりも費用を抑えることができます。

以上、一部ではありますが見積もり項目のご説明となります。ご参考になれば幸いです。

2-4.まとめ

  • 独自ドメインは絶対に取得したほうが良いでしょう。
  • レンタルサーバーは比較サイトなどを活用して自分にあったものを選びましょう。
  • サーバー、ドメインは自分で管理することも可能だが、不安のある人や時間をかけたくない人は制作会社に丸投げしてしまったほうが良いでしょう。
  • 制作費用の見積もりは必ず相見積もりをとりましょう。
  • ホームページの目的(集客など)を踏まえてしっかりと構造を考えてくれる制作会社を選びましょう

3.ホームページ制作会社は近いところに頼んだほうがいい?

近いところに頼んだほうがなにかと良いです。

ホームページ制作はパソコンがあればどこでもできます。すなわち、東京に住んでいる人が沖縄や北海道の制作会社に依頼することも出来なくはありません。

しかし、遠いところにある制作会社に依頼した場合、直接会っての打ち合わせは難しいでしょう。

そしてなにより、ホームページは作って終わりではないということです。アクセス解析などを使い、訪問者がホームページ内でどのようなアクションを起こしているか?どの程度集客に結びついているか?を分析し、適宜改善を行っていく必要があります。

勿論分析も自分でやることは可能ですが、集計された数値が良いのか改善が必要なのかは相対的に判断することが出来ません。
制作会社には多くのデータがありますので、成果の出ている同業他社との比較などにより、改善ポイントを適正に判断してコンサルティングが出来る強みがあります。

近年はビデオチャットなども普及していますので、近くに実力のある制作会社がない場合は遠方でも実力のある制作会社を選んだほうが良いとも言えます。

4.ホームページはいつまでに作っておけばいいのか?

これから起業するという方は、開業してから作成していたのでは遅いです。

ホームページの制作には、サイトのボリュームにもよりますが1ヶ月~3ヶ月程度はかかります。

さらに、SEO対策を行う場合、上位表示されるまでに最低3ヶ月はみておいたほうがよいでしょう。(1ヶ月で上位表示します!などというSEO業者には要注意です。無茶なSEO対策が検索エンジンからスパム行為と判定され、検索エンジンから抹消されるペナルティを受ける可能性があります)

余裕を持って開業の3~4ヶ月前には制作会社選びを始めたほうがよいでしょう。開業して即ホームページで集客したい!という場合は、SEO対策の期間を考慮して半年間くらいの時間をみたほうがよいでしょう。

最後に、見積もりを依頼する時には納期も必ず確認しておきましょう。 

5.ブログはやったほうがいいの?ブログで集客は出来るの?

ズバリ、やったほうが良いです。

ブログも、amebaやlivedoorなど多くの無料ブログがありますが、そういったブログはおすすめしません。

理由は、検索エンジンで上位表示されにくいからです。折角時間を使ってブログを書くのですから多くの人に見てもらえるようにしたいですよね。

今ご覧いただいているこのサイトもブログです。Word Pressというオリジナルブログが作れるサービスを使い、カスタマイズして作っていますので、検索エンジンからも多くの訪問者があります。 

また、amebaなどのブログはURLがhttp://ameblo.jp/●●●●●●●●/(●の部分がそれぞれ異なる)となりますが、Word Pressで作ったブログのURLは、

http://▲▲▲▲▲.com/blog(▲の部分があなたのホームページの独自ドメインURL)などにすることが可能です。

これはどのようなメリットがあるかというと、ブログ記事を投稿するたびに http://▲▲▲▲▲.com の下層に新規コンテンツが増えることになり、検索エンジンから高い評価を得ることが出来るのです。

 また、Word Pressで検索エンジンを意識したカスタマイズをすることで、投稿した記事自体が検索エンジンに上位表示されることがあります。
実にさまざまな、思いもよらないキーワードで検索をした方がブログに訪問してくれて、ホームページも見てくれて、見込み客になるということもあります。

ブログの更新は以外と時間もかかり大変ですが、是非頑張ってやってみましょう!

以上、これから起業されるかたをはじめ、初めてホームページを持つ方に少しでもお役に立てれば幸いです。
ホームページはしっかりと運用すれば必ず集客に繋がります!頑張りましょう!

▼▼▼▼▼ご意見・ご相談などがありましたら下記フォームからお願いします。▼▼▼▼▼

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>