facebookやtwitterからのリンクにSEOの効果はあるか?

Pocket

「SEO対策には被リンクが効果的」というのは多くの方がご存知ですが、中には
「facebookやtwitterからのリンクもSEOに効果がある」
と思っている方が少なくありません。結論からいうと、

facebookやtwitterからのリンクはSEOの効果はありません

facebookやtwitterからのリンクには全て「no follow」タグがつけられていることが理由です。
「no follow」タグがつけられたリンクとは、例えば下記のような記述となります。

<a href=” http://color-homepage.com/” rel=”nofollow“>株式会社Color</a>

上記の赤文字部分(rel=”nofollow)が「no follow」タグです。

「no follow」タグがついたリンクは検索エンジン(Google)がクロールしないためリンクとして評価されず、SEOの効果はありません。

頑張って自社のホームページのURLを含めた近況やつぶやきをfacebook、twitterに掲載したとしても、「いいね!」を100万回押してもらったとしても、直接的なSEO効果はないのです。

しかし、「直接的な」SEO効果はなくとも、「間接的な」SEO効果はあります。

facebookやtwitterを使ってナチュラルリンクを獲得する

ホームページやブログのURLをSNSで発信すると、知人に見てもらえるほか、「いいね!」や「シェア」、「リツイート」をしてもらえれば多くの方に見てもらえます。

  1. ホームページやブログ記事をfacebook、twitterで発信
  2. 見た人が自分のホームページやブログでURL付きで紹介
  3. 知人のブログやホームページを見た人が、さらに紹介・・・

と、上記のような流れが出来れば、上質なナチュラルリンクを獲得することが出来ます。

しかし、上記のような理想的な流れを作るには、ホームページやブログの記事の内容が「いいね!」や「シェア」をする価値のあるコンテンツである必要があります。

また、ホームページやブログの記事をfacebookやtwitterで自分で紹介しなくても、検索エンジンで上位に表示されるコンテンツであれば、多くの人が検索エンジン経由でホームページ、ブログに訪問し、良いコンテンツと判断をしてくれれば「いいね!」や「シェア」といったアクションをし、宣伝してくれます。
そうすることでさらに良質なナチュラルリンク獲得に繋がるのです。

良質なナチュラルリンク獲得は強力なSEO対策

つまり、facebookやtwitterからのリンクには「直接的」なSEO効果はないですが、ナチュラルリンク獲得に繋がる「間接的な」SEO効果はあるのです。

兎にも角にも、最も大切なことは「良質なコンテンツ」を作ることです。

見た人の欲求を120%満たすようなコンテンツであれば、SNSやブログで紹介してもらえる可能性は高くなります。

中小企業の社長となると、本業が忙しいこともありブログの更新が滞りがちです。
また、ホームページの内容を制作会社に丸投げ!なんて方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、専門知識を持つ社長が作るコンテンツは、その分野の専門知識を持たない我々のようなホームページ制作会社が作るコンテンツより、ユーザーにとって良いコンテンツなのです。

ホームページからの集客のためにfacebookやtwitterを活用しよう!
というのであれば、まずは自社のホームページやブログをユーザー目線で見直してみて下さい。
そして、内容がイマイチであれば、まずはそこを改善することから始めて下さい。

良質なコンテンツを作ることは大変ですが、ホームページで集客をする以上、避けては通れない道です。

頑張りましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>