SEOの目的と評価

SEO対策をしませんか?
そんな提案を受けることがあると思いますが、SEOの目的を考えたことがあるでしょうか?

とにかく検索結果の順位を上げること、1ページ目に表示されれば仕事が完了!
そんな風に思っている人が多いのではないでしょうか。
まぁそれがSEO業者の使命である以上、それも正解ということになるでしょう。

しかし、本当の目的はちょっと違うところにあると思います。

このようなことを言うと、ちょっと誤解されるかもしれませんけど、
SEO対策ってインターネットを利用しているユーザーのために行うものだと思います。

それぞれのユーザーが、あるキーワードでインターネット検索をしたとき、
本当に欲しい情報が出てくるかどうか、本当に必要な情報を提供することが目的であると思います。

いい子ちゃんぶっている?言われるかもしれませんけど、根っこの部分はそうなのですよね。
事実、Googleも良質なサイトを精査すると言っているわけですし。

ですからわたしたちが考えているSEOというのは、実はコンテンツづくりをしっかりと行うということです。
良質なコンテンツを送り出せば、必ずユーザーの求めるものとリンクするはずなのです。
そしてそのコンテンツはGoogleの評価にも繋がり、自ずと検索順位は上がっていくのです。

ちょっと下の図をご覧頂きたい。

grc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは弊社でお手伝いさせて頂いている某キーワードの順位変動のグラフです。
もともとウェブサイトが非常に良いものでしたから、あとはちょっとしたタグの修正や
Descriptionの修正などを施し、SEO対策を行っております。
図のように、3月から開始したSEO対策ですが、今日の時点で10位の評価を頂きました。
本当に良いサイト・コンテンツは早い評価に繋がるということです。

※ちなみにこのキーワードは、GoogleとYahoo!!を合せると、60万回ほどの検索あるキーワードです。
このくらいのキーワードでも評価が早まるということの良いモデルケースとなっています。

Leave a Reply