検索結果の表示について

Googleでキーワード検索をして、その結果をみて違和感を覚えている人も少なくないはず。
これまでは、検索にヒットしたキーワードなどについては、下線がついた結果だったはずです。
Yahoo!!検索の結果は、現在でも下線が入っていますので、見比べて見てください。

下線の表示が外されたほかに、リスティング広告に掲載されているものについては、
「広告」という表示が追加されているようです。
また、検索キーワードの文字が大きくなっているようですね。

Googleはこれまで、実験としてきましたが、今後はこの表示を正式に採用するとしました。
どのような目的があってこのような表示にしたのか、ハッキリとは分かりませんが、
もしかしたら、リスティング広告をクリックさせるとか、ユーザーの選択をはっきりさせるのかもしれません。
ユーザー側が本当に必要としている情報・サイトを選択させることです。

これは、これまでのSEOや集客について大きな影響が出るかもしれません。
クリック率の低下などが、その懸念点です。
ユーザーに選択をさせるということが、逆に混乱を招く気がしないでもありません。

こうなってくると、タイトルの付け方やDescriptionの書き方などにも工夫が必要になると思います。
筆者は、SEOのキーとして、”タイトルタグの付け方”という点を注視しています。
同じく、効果的なDescriptionの書き方ですね。
ただ単にキーワードを含ませておけば良いというものではなくなってきているように思います。

逆に言うと、今後の流れが正常だと思います。
ユーザーに優しくて丁寧なパスを出すわけです、ユーザーは軽くシュートを打つ。
それが結果としゴールに繋がるわけですね。

ただとりあえず現時点での感想としては、下線無しの結果は見づらいですね。
慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。

Leave a Reply