順位推移の動き方に注目~焦ってはいけません~

昨日今日と、東京地方でも花散らしの雨が降りましたね。

嗚呼、今年も桜の花の無いお花見か!と思いましたが、
どうにか明日のお花見は、満開の桜の下、美味しいお酒が呑めそうです。

え?桜の花のように綺麗な女性が一緒じゃないかって?
あら!何を上手いこと言いよります!よっ!
さすがですね、そんなことを言えるあなたは、さぞかし女性におモテになるでしょう
イイ男だねー、あいや、本当は、『どうでもイイ男』なんてね・・・ガハハ。

・・・とか一人芝居をしてしまうのが、わたしの悪いクセでございますな、まったく。

さてさて今日のお話ですが、SEO対策における、順位推移の動き方についてです。
SEO対策をされている方ならお分かりになると思いますが、
毎朝の順位チェックのときのトキメキや失望感ね、アレはちょっとくせになりますね。

「ほうほう、予想通り・期待通りに上昇した」とか、
順位は下がっても、「想定内」と考えられるもの、「競合が頑張っているな?」と予測出来る順位の推移。

弊社のSEO対策の品質は、トップクラスと自負しておりますので、
もちろん対応しているサイトがペナルティを受けることはありません。

ですからランクインしていたサイトが、突然大幅な順位低下をする、
あるいはランク外になってしまうということはありません。
ほとんどの場合で、”想定内”ということになっています。

あるキーワードでの順位の推移をご覧ください。

grc0404

 

 

 

 

 

 

 

 

データを取り始めた時の順位が46位。

施策開始までの間、タイトルタグやdescriptionその他の見直し、つまり内部施策を行い、様子をみます。
そして施策を始めてから、2週間ほどで12位まで上昇しますが、数日後には32位、
さらには、4/2には38位まで順位を下げました。

しかしこの動き、わたしの考えですと、正常なものなのです。

検索エンジンのアルゴリズムの仕組みの本当のところは、ハッキリと分かりませんが、明らかに精査の期間です。
精査の期間が終わって、適正な施策を行うことで、徐々に順位は上昇します。
今日の時点で、22位まで上昇しております。
ここからは、大幅な変動は少なくなり、さらに上昇が見込める動きです。

適正なSEO対策は時間がかかりますし、根気が必要です。
はじめのうちは順位の変動があるものです。
しかし慌ててはいけません、この動きこそ正常であると考えられる以上、過剰な施策は命取りです。
順位の変動は、精査の時間、審査されているということを忘れてはいけません。

WEBでの集客にお困りのみなさん、弊社でお手伝いできることがあります。
どうか、品質の良いSEOをお手伝いさせて下さい。

Leave a Reply